スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.06 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

b-mobile WiFiのバンパー情報

 先日写真でご紹介したb-mobile WiFiのバンパー

コレですね



発売目前みたいです。


カラーは4色(グレー、クリア)
※写真はグレーです。

気になるお値段は1,000円を切った価格になるらしいです。

発売が開始されたら、またご紹介しますね。

b-mobile WiFiの大容量バッテリー!?

前回、b-mobile WiFiのバンパーをご紹介した時にTwitterでは
"バンパーも良いけど、大容量バッテリーも検討して"ってつぶやきがありましたが、

まさにタイムリーな商品が発表されました!

日本通信 b-Mobile WiFiルーター用大容量バッテリー
MUGEN POWER HLI-MF30XLシリーズ

http://www.solidmicro.co.jp/MF30.html


われわれbモバイルの商品企画チームも全然知らなくて、
まさに寝耳に水。驚きの商品発表だったんですけど...

みなさんの要望を叶えてくださって、
どうもありがとうございます!


ただ、紹介したアドレスの中にも記載されているように
弊社(日本通信株式会社)では、このバッテリーの動作保証はしていません。

※安全性はバッテリーメーカー様が確認の上で販売されているとは思いますが、
 取扱いには十分にご注意くださいね。


なおメーカー様が6ヶ月保証をされているようなので、
大容量バッテリーをが欲しかった方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。


正解はこれだ(オプションの噂)

前回の答えあわせです。

正解は



b-mobile WiFiのケース(バンパー)!!

Twitterで正解を書かれていた方もいらっしゃいましたね!
正解でもプレゼントはありませんが...おめでとうございます。

横から見たらこんな感じ



ストラップも付けられるようになるし、
カバンに入れた時に電源ボタンが荷物で押されちゃうなんてことも無くなりそう。

現在サードパーティ様が開発しており、
今月末から来月には発売されるのでは?と聞いています。

装着した時の質感も良いですし、デザインも邪魔しませんし、
発売が楽しみですね。

オプションの噂

これ、なんでしょう?

ヒント : 奥の穴2つは、ストラップホールです



グアムでb-mobile WiFiを使ってみる

みなさん、おはようございます。

前回投稿した『b-mobile WiFiを海外で使ってみたい』の中でご紹介した
香港の『3』のSIMカードを入れたb-mobile WiFiを持って、グアムに行ってみました。

空港に降りたって、早速電源を投入...


アレ?

ネットワーク通信LEDが緑の点灯のままです。

自動接続の設定にしていたのですが、なぜか接続できません。


と、こんな状態になってしまったら、
慌てずに次の設定をご確認ください。

管理ツール>3G設定>ネットワーク選択



ここが「W-CDMA」になっている場合、このSIMカードでは接続できないようです。

GSMに変更して「適用」ボタンを押しただけで
簡単に接続できました。

ネットワーク通信LEDも日本では見慣れない赤の点滅です。

しかし、やはりローミングだけあってか
チャージしていった238香港ドル分は、10ページ前後のブラウジングや
メールの確認などですぐに無くなってしまいました。

こうなっては、現地のSIMカードを購入するしかありません。

そこで今回は、グアムの最大級ショッピングセンター
「マイクロネシアモール」の2階にある
DOCOMO PACIFICでプリペイドSIMカードを購入してみました。

DOCOMO PACIFICのプリペイドSIMカード(9.95$)



そして20$のチャージ券



アクティベーション後にチャージをする、という流れで準備を整えたら、
さっそくb-mobile WiFiに投入です。


そして、設定ですが以下のようしてください。


プロファイル名 : (任意)
APN : gcpre
ダイヤル番号 : *99#

これだけ入力すれば大丈夫です。

また、このDOCOMO PACIFICのSIMカードは
1900mhzのGSMだけでなく850mhzのW-CDMAも使えます。

なので、

管理ツール>3G設定>ネットワーク選択を再び「W-CDMA」に戻します。
※もちろん自動選択でも大丈夫です。

ざっと通信速度を測ってみたところ、GSMでもW-CDMAでも150kbps程度でした。

その後、b-mobile WiFiに入れたり、スマートフォンに入れたりと
4日間ほどこのSIMを色々使って帰国したのですが、
最終的に2.05$分チャージが残りました。

約87円でドルに交換して行ったので、

SIMカード代が9.95$×87円=約866円
チャージ代が20$×87円=1,740円(うち残金が約178円)

合計2,606円

これだけしか掛かっていません。

もしこの4日間を海外ローミングを使っていたら
1,480円×4日間=5,920円

と、2倍以上料金が掛かっていたんですよね。
やっぱり現地のSIMカードは安いです。

そして、現地のSIMカードを手軽に使えるb-mobile WiFiは
海外旅行の際には強力なツールになってくれることは間違いありません。

モバイルWiFiルータこそ、SIMフリーをチョイスするべきです。
本当にお勧めですよ。



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

外部リンク

ブログ内検索

sponsored links

携帯で見る

qrcode