スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.06 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

b-mobile WiFiのバンパー発売情報

 みなさん、おはようございます。

ブログもコメントも全然公開していないくて、、、すみませんでした。

コメントでも書いていただいたのですが

そうなのです!
b-mobile WiFiのバンパーはすでに発売されています。

発売元は「がうがうインターナショナルジャパン株式会社」です。
ありがとうございました!

そして購入場所は

モバイルガジェットショップ がうがう!
http://www.gaugau.jp/?mode=cate&cbid=876267&csid=1

amazon
http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_seeall_1?keywords=BM-ZTE1&rh=i%3Aelectronics


こちらになります。

b-mobile WiFiも月々払いプラン(24ヶ月契約)ならば、b-mobileSIM U300とセットで
月額基本料2,980円&ユニバーサルサービス料8円の毎月2,988円だけ。

お求めやすくなったb-mobile WiFiにと一緒に、バンパーもお勧めですね。

b-mobile WiFi 月々払いプランはこちらからお申し込みいただけます。
http://www.bmobile.ne.jp/wifi/detail_24plan.html

ぜひぜひご検討ください。


それと、本日b-microSIMプラチナサービスの1ヶ月版も発売開始しました。

”プラチナサービス”をもっとも手軽に体験できるパッケージで、
日本通信のオンラインショッピングサイトで発売中です!

結構質問をいただくのがiPadの電波表示についてですが、
iOS4.2.1になって、データ専用SIMカードの電波表示は
「圏外」じゃなくて「___NTT Docomo」のような表示になりました。

他にも何か質問があったらコメントください。
今度は放置が続かないように頑張ります。

b-mobile WiFiのバンパー情報

 先日写真でご紹介したb-mobile WiFiのバンパー

コレですね



発売目前みたいです。


カラーは4色(グレー、クリア)
※写真はグレーです。

気になるお値段は1,000円を切った価格になるらしいです。

発売が開始されたら、またご紹介しますね。

b-mobile WiFiの大容量バッテリー!?

前回、b-mobile WiFiのバンパーをご紹介した時にTwitterでは
"バンパーも良いけど、大容量バッテリーも検討して"ってつぶやきがありましたが、

まさにタイムリーな商品が発表されました!

日本通信 b-Mobile WiFiルーター用大容量バッテリー
MUGEN POWER HLI-MF30XLシリーズ

http://www.solidmicro.co.jp/MF30.html


われわれbモバイルの商品企画チームも全然知らなくて、
まさに寝耳に水。驚きの商品発表だったんですけど...

みなさんの要望を叶えてくださって、
どうもありがとうございます!


ただ、紹介したアドレスの中にも記載されているように
弊社(日本通信株式会社)では、このバッテリーの動作保証はしていません。

※安全性はバッテリーメーカー様が確認の上で販売されているとは思いますが、
 取扱いには十分にご注意くださいね。


なおメーカー様が6ヶ月保証をされているようなので、
大容量バッテリーをが欲しかった方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。


正解はこれだ(オプションの噂)

前回の答えあわせです。

正解は



b-mobile WiFiのケース(バンパー)!!

Twitterで正解を書かれていた方もいらっしゃいましたね!
正解でもプレゼントはありませんが...おめでとうございます。

横から見たらこんな感じ



ストラップも付けられるようになるし、
カバンに入れた時に電源ボタンが荷物で押されちゃうなんてことも無くなりそう。

現在サードパーティ様が開発しており、
今月末から来月には発売されるのでは?と聞いています。

装着した時の質感も良いですし、デザインも邪魔しませんし、
発売が楽しみですね。

オプションの噂

これ、なんでしょう?

ヒント : 奥の穴2つは、ストラップホールです



グアムでb-mobile WiFiを使ってみる

みなさん、おはようございます。

前回投稿した『b-mobile WiFiを海外で使ってみたい』の中でご紹介した
香港の『3』のSIMカードを入れたb-mobile WiFiを持って、グアムに行ってみました。

空港に降りたって、早速電源を投入...


アレ?

ネットワーク通信LEDが緑の点灯のままです。

自動接続の設定にしていたのですが、なぜか接続できません。


と、こんな状態になってしまったら、
慌てずに次の設定をご確認ください。

管理ツール>3G設定>ネットワーク選択



ここが「W-CDMA」になっている場合、このSIMカードでは接続できないようです。

GSMに変更して「適用」ボタンを押しただけで
簡単に接続できました。

ネットワーク通信LEDも日本では見慣れない赤の点滅です。

しかし、やはりローミングだけあってか
チャージしていった238香港ドル分は、10ページ前後のブラウジングや
メールの確認などですぐに無くなってしまいました。

こうなっては、現地のSIMカードを購入するしかありません。

そこで今回は、グアムの最大級ショッピングセンター
「マイクロネシアモール」の2階にある
DOCOMO PACIFICでプリペイドSIMカードを購入してみました。

DOCOMO PACIFICのプリペイドSIMカード(9.95$)



そして20$のチャージ券



アクティベーション後にチャージをする、という流れで準備を整えたら、
さっそくb-mobile WiFiに投入です。


そして、設定ですが以下のようしてください。


プロファイル名 : (任意)
APN : gcpre
ダイヤル番号 : *99#

これだけ入力すれば大丈夫です。

また、このDOCOMO PACIFICのSIMカードは
1900mhzのGSMだけでなく850mhzのW-CDMAも使えます。

なので、

管理ツール>3G設定>ネットワーク選択を再び「W-CDMA」に戻します。
※もちろん自動選択でも大丈夫です。

ざっと通信速度を測ってみたところ、GSMでもW-CDMAでも150kbps程度でした。

その後、b-mobile WiFiに入れたり、スマートフォンに入れたりと
4日間ほどこのSIMを色々使って帰国したのですが、
最終的に2.05$分チャージが残りました。

約87円でドルに交換して行ったので、

SIMカード代が9.95$×87円=約866円
チャージ代が20$×87円=1,740円(うち残金が約178円)

合計2,606円

これだけしか掛かっていません。

もしこの4日間を海外ローミングを使っていたら
1,480円×4日間=5,920円

と、2倍以上料金が掛かっていたんですよね。
やっぱり現地のSIMカードは安いです。

そして、現地のSIMカードを手軽に使えるb-mobile WiFiは
海外旅行の際には強力なツールになってくれることは間違いありません。

モバイルWiFiルータこそ、SIMフリーをチョイスするべきです。
本当にお勧めですよ。


b-mobile WiFiを海外で使ってみたい

みなさま、おはようございます。

ご存じかもしれませんが、10月31日まで
『b-mobile WiFi コミコミ月額2,755円 賢約キャンペーン』を実施しています。

期間中にb-mobileSIM U300の1年版か6ヶ月版を購入して、
b-mobile WiFiで使い始めていただくと、
もれなく期間が延長される、お得なキャンペーンです。

よくご質問いただくのですが、
b-mobile WiFiとb-mobileSIMを同時購入する必要はありません。

すでにb-mobile WiFiを購入いただいているお客様でも、
別途でb-mobileSIMを購入いただければキャンペーンに参加いただけます。

弊社のオンラインショッピングサイトb-marketでの購入も必須ではありません。
ご贔屓にしているお店でb-mobileSIMを購入いただいても大丈夫です。

詳しくはキャンペーンサイトをご覧ください。


ところでb-mobile WiFiは、SIMフリーのモバイルWiFiルータです。
日本国内ではSIMフリーのメリットってあまり感じることができませんが、
世界中で使うなら、やっぱりSIMフリーがベストです。


海外旅行の時には現地のSIMカードを購入したほうが
国際ローミングよりもお安く通信ができるとは耳にするけど、

 ・ 海外でSIMカードを購入するのはどうすればいいの?
 ・ SIMカードは買えても、設定が難しくてできないかもしれない...

だったらちょっとお金がかかっても、国際ローミングのほうが良いかなぁ。
海外パケット定額みたいなのもできたしね。


なんて答えを出してしまってはもったいない!
今、時代のキーワードは賢約です!


そんなわけで、今回はb-mobile WiFiを海外で利用するために
こんな方法をご提案してみます。

まず、香港の『3』という通信事業者が提供している
『3G International Roaming Rechargeable SIM Card』



こちらを購入してみました。

このSIMカードはオンラインショッピングで容易に購入できます。
今回はモバイルショップの老舗モバイルプラザ様から購入してみました。

アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、全世界120カ国以上でローミングができます。
もちろん日本でも(レートが高いのですが)使うことができます。

 どの国で使えるかは以下のリンクで確認できますよ。
 ローミングカバレッジ

設定も国ごとに変更する必要はありません。
なので、日本で通信ができれば他の国でも通信ができるのです。

中を開けると、こんな感じで入っています。


SIMカード



モバイルプラザ様は、独自で日本語マニュアルを付けてくれてるので
そのマニュアルに従って作業をしてみます。

まずケータイにSIMを入れて**107*0#をダイヤルすれば開通手続きができるらしいので
手元にあったdocomoケータイに入れて電源を入れたところ...

UIM error This UIM cannot be recognized



あれ?
SIMカードを認識しない...

「OK」を押してムリヤリ発信を試してみます。



が、やっぱりUIM error This UIM cannot be recognizedが表示されます。


あ、、、SIMロックがかかってるせいだ
こんな所にもSIMロックの不便さがありますね。


...しかし困りました

もちろん社内にはNOKIAのE61などSIMフリーのスマートフォンはありますが、
みなさんが持っているとは限りません。

このまま開通手続きができなくてb-mobile WiFiでは使えないのでしょうか!?


とりあえず、b-mobile WiFiにSIMカードを挿入してみます。



そして管理ツールの画面を開いてみると、

NTT docomoと表示されて電波表示も問題なさそうです。



そのまま3G設定より『3』の設定値を入れてみます。


プロファイル名 : (任意)
APN : mobile.three.com.hk
ダイヤル番号 : *99#

これだけ入力して

「保存」し、「デフォルトに設定」を押してみたところ...



自動的にインターネットに接続してしまいました。
試しにブラウザを開いてみたのですが、問題なくインターネットを利用できました。

これで日本で手軽に海外ローミングを使う準備を整えることができました。
とっても簡単です。

キャンペーン中で、今ならとってもお得にb-mobile WiFiをご利用いただけます。

ぜひ将来の海外利用もニラんで、この機会にb-mobile WiFiをお求めいただくのは
いかがでしょうか?


1

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

外部リンク

ブログ内検索

sponsored links

携帯で見る

qrcode