スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.06 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

talking b-microSIM プラチナサービス

みなさま、おはようございます。
商品開発担当サカガミです。

ある程度の予想はしておりましたが、やはり反響が大きかった
talking b-microSIMプラチナサービスなのですが、
twitterなどで反応を見させて頂くと、どうも正しく商品情報が伝わってない?

そんな気がしましたので、ブログにていくつか皆様が疑問に思っている点を
お答えしていきたいと思います。


■通信速度は?

この部分についてはいくつか誤解があるように思いましたので
まっさきに書いてみました。

b-mobileといえばU300という位、U300は浸透してきていますが、
talking b-microSIMプラチナサービスはU300ではありません。

ではどのくらい?という質問ですが、ここでみなさまに2つ程逆に質問です。

1、iPhone4のスペック上の通信速度はどのくらいでしょう?
2、ソフトバンク様でiPhoneでの通信速度はどのくらいでしょう?

iPhone4のスペックではHSDPA/HSUPAというのは見つけていますが、
HSDPAやHSUPAの中でも物理チャネル速度が複数あるため、
実際にハードウェアとしてどの程度出るのかは明言していません。

またソフトバンク様のホームページでも、
iPhone4での通信速度については記載されていません。
(※iPhone4での通信速度が記載されているページがあったら、ぜひ教えてください)


talking b-microSIMを発表するにあたり、
色々なアプリケーションでどのくらいの通信速度が必要かを細かく調査していたのですが、
通信速度はアプリケーションによって、たとえば「300kbpsまでしか使わない」という
設定がされているように思えます。

そのため、通信速度としてはお答えすることが難しい状態なのです。
快適な通信のために必要十分な通信速度、というお答えになると思います。

iPhone4でのYoutubeやRadiko.jpは途切れることなく再生できるように
ネットワークを作成していますので、その辺りが気になる方はご安心ください。

ご期待に添えると思います。

通信速度は言いたくても言えない状況なので
「iPhone快適通信」はどのような体感になるのかがわかるムービーでも撮って
みなさまにお伝えしようと現在検討中です。


■talking b-microSIMはiPhone4以外では使えないの?

使えません、と、回答しておきます。

「でも、アダプタをつけてAndroidとかに入れて設定したら使えるんでしょう?」

という声が聞こえてきそうですが、
インターネットに接続が出来ても、ほとんどデータは流れていきません。

これは上で記載したように、iPhone4のネットワークに最適化していく中での
処置になります。


ではiPhone4以外のデバイスには対応しないのか!?ってお怒りの声もありましたが、
海外のスマートフォンメーカーが日本で利用できるように技適マークを取得して
本体なりディスプレイで確認できるようにしていただけるなら、
SIMフリーを促進する日本通信としては、前向きに検討していきます。


え?iOS4にしたiPhone3GSでは使えるのか?って質問ですか。

...まぁ、見分ける方法はないですので...


■MMSは対応していますか?

現時点ではMMSは利用できないのですが、SMSは利用できます。
それとビジュアルボイスメールも現時点ではご利用できません。


とりあえず気になった点を回答してみましたが、
他に質問があればコメントください。

talking b-microSIM ご期待ください!

スマートフォンにもお勧め Webアクセラレーターの話

 みなさん、おはようございます。

昨日Doccica U300の継続プランを発表したのですが、
Twitterでの反応を拝見すると、昨日の発表でDoccica U300という商品を
初めて知った方も多かったようです。

認知度アップ、もっともっと頑張らなきゃいけないですね。


さて今日はホームページ表示の体感速度を向上させる、Webアクセラレーターのお話です。

日本通信のWebアクセラレーターの歴史は長くて、
実は2001年12月、PHSのサービスを提供しているころからサービスを提供していて
かなりノウハウを蓄積しています。

HTML/XMLのテキストやGIF/JPEG画像などWebベースのコンテンツを圧縮して受信し、
ホームページの表示を高速化させるのですが、
専用のソフトウェアを入れる必要はなく、ネットワークやブラウザの設定値にある
"プロクシ(プロキシ)"という場所に以下の値を設定してもらうだけで使えます。


サーバーアドレス : mao.bmobile.ne.jp
ポート : 32080


試しにこの値をb-mobileSIM U300を入れたXPERIAに設定してみます。

100617_01.jpg

そしてホームページの表示速度を計測するのに最適な測定サイトで
Webアクセラレーターの効果を計ってみましょう。

今回利用させていただいたのは以下のWebサイトです。

BNR スピードテスト 回線速度計測ページ(画像読込み版)
http://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html


Webアクセラレーターなしだと、

100617_03.jpg

おおむね270kbps程度ですね。


それがWebアクセラレーターを利用すると、

100617_02.jpg

このように800kbpsを超える体感速度になります。


ぜひ皆様もWebアクセラレーターを使って、
快適なブラウジングをお楽しみください。

b-mobileSIM 継続プランを発表しました

みなさん、おはようございます。

すでにb-mobileSIMの最新情報配信希望者向けメールやTwitterなどで
ご存じの方も多いかと思いますが


大変お待たせしました。

b-mobileSIMの継続プランを昨日発表することができました。


ヘルプデスク宛に多くの方から継続プランについてのご質問をいただき、
b-mobileSIMの反響の大きさ、そして皆様からの期待を嬉しく思ってます。

そこで、商品企画側としても
少しでも皆様の使い勝手が良くなるように今回考えたのが


オートチャージです


継続プランの購入時にオートチャージのご利用を選択していただくと
有効期限が残り6日を切った時(残り5日)になった時に、
自動的に有効期限をリチャージします。

1ヶ月、6ヶ月、1年、どの継続プランでもオートチャージは利用できるので
ぜひ皆様も継続プランのご利用をご検討ください。

継続プランは4/27の午前中には発売開始できると思います。

Doccica向けのオンラインチャージページがリニューアルしますので
それまでもう少々、お待ち頂きますようお願い申し上げます。


2010/04/27 リニューアル!

オンラインチャージページ
http://www.bmobile.ne.jp/charge/


次回以降のブログですが、
bマーケットスタッフが、もしもしDoccicaの使い勝手などを中心に
色々とアップしていきますので、引き続きb-mobileブログをご愛顧ください。

よろしくお願いいたします。

新商品! b-mobile Doccica U300

みなさん、おはようございます

ブログにコメントをいただいておりましたが
返答ができなくて大変申し訳ありませんでした。

実はb-mobileSIMを発売してからすぐに、
昨日発表したb-mobile Doccica U300の商品企画に取りかかっておりました。

b-mobileSIMは非常に自由度が高い商品なのですが、
どちらかというとコンピュータやスマートフォンに詳しい方向けです。

外出時にパソコンでインターネットを使いたいという人には
少々ハードルが高い商品だと思うんです。

そこでZTE社のSIMロックフリー端末「MF636」と
b-mobileSIM U300をセットにした自信作、
「b-mobile Doccica U300」を発表させていただきました。


b-mobile Doccica U300をWindowsXP/Vista/7でご利用される場合、
パッケージに入っているMF636をパソコンのUSB端子に挿入するだけで
自動的に専用ソフトbアクセスのインストールが始まります。

また専用ソフトbアクセスの「3G・WiFi」ボタンをワンクリックするだけで
自動的に最適なネットワークを選択して、インターネットに接続します。

b-mobile Doccica U300もその他のb-mobile製品と同様に
ご利用開始前にみなさまの携帯電話で開通手続きダイヤルに電話をして
自動応答の音声ガイダンスに沿って11桁の番号を入力するだけです。

あのメンドクサイ契約や、開通まで何時間も待ってください、なんて事もなく
開通手続き完了後、約5分後にはご利用いただけます。

とても簡単です!

なので、モバイルを始めてみたいという方には本当に最適なのですが、
300Kbpsって遅いんじゃないの?っていう方もいらっしゃると思います。

b-mobile Doccica U300の使い勝手ですが、
ITmediaさんにレビューいただいたこの記事が参考になると思います。

「b-mobileSIM」の300kbpsはどこまで使える? (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/12/news074.html

この記事だけじゃまだわからない、他にも知りたいことがある、という時には
bモバイル・ヘルプデスクまでお気軽にお問い合せください。
ご質問だけじゃなく、ご意見・ご感想もお待ちしています。

b-mobile Doccica U300はbマーケットで先行受注を開始しますので、
ぜひご検討ください。

4月16日(金)から順次発送いたします。

ゴールデンウィークのお供にいかがでしょうか?

大反響 「通信電池b-mobileSIM」シリーズ その2

みなさん、おはようございます。

昨日、総務省が携帯電話会社に「SIMロック」の解除を求める、
というニュースが出ていましたね。

b-mobileSIMシリーズの登場によってSIMロックフリーの波紋が広がっていく。
商品企画としてはそんな印象を受けています。

さて、b-mobileSIMもとうとうウェブ公開、そして先行受注開始となりますが、
商品の発送までは今しばらくお時間をいただくことになります。

そこで皆様の購入検討の材料になるように、
今回もメールフォームから頂いている皆様からの質問について
前回に続き、この場を借りてお答えしていこうと思います。


■b-mobile3GやDoccicaのSIMを入れ替えて使えますか?

 はい。使えます。

 ただしbアクセスはb-mobileSIMには対応していないので、
 お客様ご自身で手動接続設定を作成いただくようになってしまいます。

 b-mobileSIMに対応したbアクセスも早めに提供できればと考えています。

   ※現在はb-mobileSIM対応版bアクセスの提供をしております。
  ダウンロードはこちら


■海外から買ってきたSIMフリー端末は使えますか?

 この質問については、皆様にご理解いただきたいことがあります。

 現在、日本国内においては電気通信事業法に基づいて、技術基準適合の認定を受け、
 さらに電波法に基づいた技術基準適合証明を受けた無線機以外の利用は
 認められておりません。

 海外のSIMフリー端末は技術基準適合の認定および証明を受けていないものが
 大半ですのでたとえ動作したとしても、ご利用はお断りさせていただきます。

 海外の素晴らしい端末が技術基準適合を認定および証明受け、
 日本で使えるようになるためにも日本通信はSIMロックフリーを促進していきたいです。


■GDD Phoneのファームウェアを1.6にアップするとなぜ使えないの?

 これはb-mobileSIMではなく、Android開発者向けに販売しているSIMパッケージの
 ウェブサイトに記載した文言なのですが、結構な数の質問を頂きました。

 Android開発者の方にもご注目いただいているのだとしたら嬉しいです。

 ご質問への回答ですが、GDD PhoneでSIMカードが使えなくなってしまう理由は
 Androidベースバンドファームウェアの仕様変更によるところです。
 そのため日本通信としては、この問題に対して対処することができません。

 現時点ではGDD Phoneのベースバンドファームウェアが次にアップデートするときに
 またご利用いただけるようになるよう希望は出しておりますが、、

 ぜひ修正をご検討いただきたいです。


■携帯電話でパケット通信は使えるの?

 前回、「音声通話はできません」と書いたら、こういう質問が届いていました。

 携帯電話については、各キャリア様のサービスのみ接続できるように作られており
 例えば、b-mobileSIMを手元の携帯電話に入れてi-modeを見る、
 という使い方はできません。

 ただし、パソコンのモデムとして多くの携帯電話は利用可能ですので
 パソコンと携帯電話をケーブルでつないで、パソコンでインターネット、
 という使い方にはご利用いただけます。

 機種変更して手元に残っているを携帯電話にb-mobileSIMを入れて
 パソコンのモデムとして使う、というのは、
 モバイルの始めとしてはハードルが低いと思います。


皆様からの応援の声も、まだまだ沢山いただいています。
本当にありがとうございます。

お手元に届くまで、もう少々お待ちください。

大反響 「通信電池b-mobileSIM」シリーズ

みなさん、おはようございます。

「通信電池b-mobileSIM」シリーズ

反響がとても大きくて、商品企画は嬉しい悲鳴をあげています。
そして、大勢の人達が日本の携帯電話のSIMフリー化を望んでいるんだと
ひしひしと実感しています。

国内外の端末メーカー様が、魅力的なSIMフリー端末を投入してくれれば
日本はとっても楽しいことになりそうですね!

さて、17日の発表に際してb-mobileSIM メール登録フォームを設置したのですが
申し込みフォームから沢山のご意見やご感想をいただきました。

b-mobileSIM メール登録フォーム
https://ssl.bmobile.ne.jp/contact/sim_info.php

あちらには「ご質問には直接回答できかねますのでご了承ください。 」と書きましたが、
せっかくの機会なので、いくつかお答えしていきたいと思います。


■パケット料金込みの値段なのですか?

 b-mobileSIMはパケット通信費込みで、
 2,980円(1ヶ月)、14,900円(6ヶ月)、29,800円(12ヶ月)です。

 買った後に[通信利用料]なんて請求がくるようなことはありませんからご安心ください。


■電話としても使えますか?

 b-mobileSIMは3Gデータ通信専用なので、皆様の携帯電話に入れて
 音声通話として使うことはできません。
 
 ですが、日本通信は「もしもしDoccica」で3Gデータ通信+IP電話サービスを
   提供しています。ぜひ皆様の期待に応えられるようにしたいですね。
 
 なお、Doccicaをお持ちの方は、IP電話サービスが無料で体験できる
 Make your PC my-phone!キャンペーンを実施しています。
 http://www.bmobile.ne.jp/personal/doccica/campaign.html

 簡単な登録だけで050番号が取得できる、大変お得なキャンペーンです。
   ふるってご参加ください。
 b-mobileSIMで音声通話が出来たとしたら、どんな感じ?を先行して体験できます。


■買いやすい販売方式をお願いします。

 b-mobileSIMは、まずはb-marketでのクレジットカード販売、
   および電話注文(代引き)での販売からスタートします。

 あまり代引きを使われるお客様はいないのですが、
   商品受け取り時には現金支払いだけじゃなく
 クレジットカードやデビットカード、一部の地域では電子マネーも使えたりします。
 
 代引きなら支払時に領収書をもらえるので、領収書を希望する場合にも便利ですね。


■iPadで使えるのですか?

 iPadはSIMフリー端末なのですが、microSIMというSIMカードを採用するようです。

 b-mobileSIMは日本の携帯電話で使われているSIMカードと同じサイズなので、
 残念ながらiPadでは使えないのですが
 日本通信ではmicroSIMに限らずSIMロック解除を強力に推進するために、
 色々な形状のb-mobileSIMを販売していきたいと思っています。ご期待ください。

 iPadの発売、楽しみですね。


■待っていました。待ち望んでいました。期待しています。すごく期待しています。

 ありがとうございます!

 b-mobileSIMは4月5日より順次出荷ですが、なるべく早く商品を提供できるように
 ご注文の受付だけ先行して行えるようにしたいと思っています。

 準備ができたら、登録いただいた皆様には誰よりも先にお知らせいたします!


それでは、引き続き皆様からのご意見をお待ちしています。

ピックアップダイヤル機能 その2

みなさん、おはようございます。
ピックアップダイヤル機能は使ってみていただけたでしょうか?

前回も書きましたが、
ホームページに書いてある電話番号をクリックして電話をかけるっていう機能は
2006年頃からあります。

ただ、この機能を目立たせたいがために、
ホームページのデザインを変えてしまうっていうのが多かったんですよね。

電話番号の文字をハイライトしたり、電話番号の横にマークが追加されたり。

で、デザインが変わってしまうので元に戻したい!というお声を
インターネットでチラホラと見かけました。

せっかくの便利な機能なのに、見た目が変わるのが嫌で使って貰えないなんて
とっても残念な話です。

そこでピックアップダイヤル機能では、ホームページのデザインは変えずに
マウスポインタを電話番号に重ねると、番号が浮かび上がるようにしました。

ブラウジングの邪魔にならないピックアップダイヤル機能、
ぜひお試しください!

ピックアップダイヤル機能 その1

 みなさん、おはようございます。
すでにお知らせやメッセージ機能でご存じかもしれませんが
3月10日、もしもしDoccicaに新しい機能が追加されました。

その名も「ピックアップダイヤル機能」

ホームページに書かれている電話番号にマウスポインタを重さねて、
浮かび上がってくる電話番号をワンクリック!で発信できる便利な機能です。

このような機能は2006年頃からありますし、目新しくはないのですが
この機能があるとないとではパソコンから電話をかける時の使い勝手が全然違うんです。

ピックアップダイヤル機能の紹介ページにも記載したのですが
ぐるなびとか食べログとか、グルメ情報サイトをパソコンで見ながら
ケータイでお店に電話をかけるって結構ありますよね?



こういう時に、ぜひ1回ピックアップダイヤル機能を使ってみてください。

今までケータイを持っていた手が手持ち無沙汰になって、
思わずイヤホンマイクを触ってしまう人が続出中です。

今なら、Doccicaユーザーが無料で050電話番号が取得できる、
Make your PC my-phoneキャンペーンもやってます。

キャンペーンについて詳しくは...
http://www.bmobile.ne.jp/personal/doccica/campaign.html

ぜひお試しください!

1

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

外部リンク

ブログ内検索

sponsored links

携帯で見る

qrcode