スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.06 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

もしもしドッチーカのアクティベーションコード

 もしもしドッチーカを使い始める時には、
bアクセスの「Moble IP-phone」のボタンを押すとでてくる
「もしもし開通手続き」をします。

手続きではE-mailを使います。
フリーメールでも問題ないのだけれどYahoo!メールのアドレスで手続きしたお客様から、
「アクティベーションコードはいつ発行されるのか」「まだ届かない」
というお問合わせが結構あります。

Yahoo!メールでは迷惑メール対策の便利な機能があって、
「迷惑メールフィルター」を設定すると、自動的に「迷惑メール」フォルダに
振り分けてくれます。
アクティベーションコードもこの機能で振り分けられて、
「迷惑メール」フォルダにお邪魔していることがあります。

他にも「なりすましメール拒否設定」という機能もあって、
なりすましメールの疑いのあるメールは受信せず、破棄したりもできます。
この場合は「救済リスト」にアクティベーションコードの
送信元アドレスを追加すれば受信できるようになります。

アクティベーションコードは手続きをするとすぐに送信されてくるはずなので、
届かない場合はフォルダの振り分け設定をしていないか、
受信拒否などをしていないか確認して、ヘルプデスクに問い合わせてみてください。

目からウロコ!海外からの国際電話

ヨーロッパが本社の、

ある外資系のお客様にもしもしドッチーカを紹介したときのお話です。

お客様「世界中を駆け回っている社員がいるのですが、携帯電話は通話料が高いし、
    一つの国の滞在時間が短いから事業所に電話をしてもなかなかつかまらなくて
    困ってるんです。」

ワタシ「そうなんですか。
    携帯電話は便利ですけどやはり電話代高くなりますよねぇ」

お客様「そうなんです。
    長話になっちゃうこともあるみたいで、たまに驚くような請求が来たりして、、、
    総務としても悩みの種なんですよ。
    でも。本人も仕事だから強くも言えないですし。」

ここで、ふと閃いたワタシ

ワタシ「通話時間が長い...

           もしかして何か作業しながら電話されてるんではないでしょうか?
     例えばPCでメールやインターネットを見ながら電話でやりとりされてるとか? 」

お客様「そうみたいなんです。
    通話先と時差がある時は、夜のホテルでインターネットにつないで
    メールで送ってもらった資料を確認しながら電話したりしてるみたいなんです。」

まさに、もしもしドッチーカがお勧めのシチュエーション!!

早速お客様に、海外でもインターネット環境があれば、
PCを利用しながらでも通話もできるし、携帯電話より通話料も安い!と力説。

お客様も「050の番号もあるんですね。それなら名刺にも載せれるからいいいかも」

とお客様もワタシの話にノってくれています。

これはイケるか?
なんて意気揚々と思っていた時に、予想外の痛烈な一言が!


「これって日本だけじゃなく、海外から海外にも安く電話出来るんじゃないですか?
 海外からかける国際電話の通話料ってよくわからないけど、
 もしもしドッチーカなら通話料も分かりやすいですし、総務としては安心です。」

うはあ

目からウロコというか・・・
盲点というか・・・

あまりに日本の生活に馴染んでしまって
全て日本を基点に考えていたワタシは一瞬あっけにとられてしまいました。

確かにもしもしドッチーカなら、世界中どこにいようとインターネットが利用できれば
日本からその国へかける通話料金と一緒なんです。

アメリカから中国へも固定電話 2分10円
イギリスからアメリカへも固定電話 2分10円
ニューヨークからモスクワでも固定電話 2分10円

※インターネット接続料は別途必要です。

固定観念って怖いなあと思いつつ、お客様に感謝感謝なのです。


違和感解消?これで電話と同じ!

はじめまして。鹿大好きマンです。

営業でもしもしドッチーカをご紹介するのですが、付属のケーブルつきの
イヤフォンマイクを利用し、PC相手に電話するのが、どうも馴染まないという
お声をよくいただきます。

そこで、解消!?するのかどうかわかりませんが、こんな製品を見つけました。

イヤフォンマイクが受話器型になっている製品です。
形が変われば、周りにも違和感なくお話しできるのでは?

ハンドセット
ハンドセット(サンワサプライ)
『サンワダイレクト』のみの限定販売商品
(本店・楽天市場店・Yahoo!ショッピング店)

一度試してみてはいかがでしょうか?


友人宅の無線LANを使って電話をする

bマーケットスタッフのタニヤマです。
今回の記事はすこし難易度が高いかも知れませんが、実際にやってみると意外と
あっさり終わってしまうので、ぜひ挑戦してみてください。

先日、僕の仲の良い友人が、
オレゴンに住んでいるG君(共通の友人)にどうしても電話をしたいから
すぐに来てくれとの連絡が。

僕もたまにメールで近況報告する程度で、しばらく声を聞いていないというのもあり、
ノートパソコンともしもしDoccicaを持って友人宅へ。

3G接続だと通信料がかかってしまうので、友人宅の無線LANで接続。

無線LAN設定が終わり、bアクセスを立ち上げ[Mobile IP-phone]を押すと、
「インターネット接続が確認できませんでした。」とのメッセージが・・・。


予想外のメッセージだったので、
念のためWebブラウザを起動してみると普通にインターネットにつながっている。
ちょっと訳が分からなかったので詳しいスタッフに携帯電話で電話してみると、

家の無線LANを使って電話をかける場合、ちょっとした設定が必要とのこと。
(僕は普段、LANケーブルを挿して接続しています・・・)

XPの場合
1、charge>詳細設定>”bアクセスで無線LANを制御する”のチェックを外す
2、b-Accessを終了する
3、WindowsのワイヤレスLAN設定より
  ”Windowsでワイヤレスネットワークの設定を構成する”にチェックを入れる
4、タスクトレイ等から無線LANを接続する
5、b-Accessを起動する


Vista、7の場合
1、charge>詳細設定>”bアクセスで無線LANを制御する”のチェックを外す
2、タスクトレイ等から無線LANを接続する




これだけのことなんですが、知らないと出来ないですよね。
ちょっと手間取りましたが無事に通話できて良かったです。
ちなみにホテルのWiFiや海外でのWiFi接続でも
同じ要領で通話することができます。


で、友人がどうしても電話で話したかった事っていうのが、
"Mt.Hood Timberline Lodge (Timberline)"(オレゴンにあるスキー場)
の写真が見たかったとのこと。(どうやら来月に行く予定をたてているみたいです。)
メールでいいんじゃ・・・とも思ったのですが、久しぶりに会話もできたので
良しとします。

最後にメールで送られてきた写真の中から2枚、ご紹介します。

Mt.Hood Timberline Lodge (Timberline)

オレゴンのG君いわく、
このスキー場は1年間を通してスキー・スノーボードができるそうです。
もちろん夏も滑れるわけで、プロのライダー達が合宿をする場所でもあるそうです。
あとは新作の板(スキー&スノーボード)の試乗会が行われたりもするそうです。


頂上付近は雲の上!!
 
送られてくる写真を見ながら、友人はG君に雪質やら4月頃の天候やら
興奮しながら色々と聞きまくってましたね。
スキーもスノーボードもやらない僕には良く分からない内容でしたが、
一緒に写真を見ながら話しをしたかったのかもしれませんね。

僕の伝言秘書

 先日、学生時代に大変お世話になった某大学の准教授にお会いしました。
(最近は助教授じゃなくて准教授と言うのですね)

仕事とは関係のない席でお会いしたのですが、b- mobileを3年位使われていて、
この1月にもしもしドッチーカを使い始めたとのことでした。

研究室から電話されるのですかと聞いたら、電話をかけることはあまりないとのご返事。
それではかかってくるのですかと聞いたら、
研究室にいない時が多いので電話をとることもあまりない、とのご返事。

どう使っているのか不思議に思い、聞いてみたら、「僕の伝言秘書です」とのこと。

院生の方やご家族、研究会で一緒の先生に050電話番号を渡して、
そこに留守電を入れてもらう、
そうするとメールで追いかけてきてくれるので伝言秘書だそうです。
時には、自分で自分の050番号に電話して、自分宛の伝言をメールしておく。

この話しを聞いて、なるほど伝言秘書という意味がわかりました。

でも、伝言残せる時間が短いので、もう少し長くして欲しい、とのご要望。
また、伝言が音声ファイルで来るけれど、
あれを文章(テキスト)にして送ってくれると更に良い、と。
この辺、開発担当にお願いしてみようと思います。

もしもしDoccicaを使ってiPhoneの通話料0円に挑戦



はじめまして。
bマーケット店員のタニヤマです。

ちょうど1年ほど、iPhoneを使っていますが、
思いのほか通話料がかかってしまうのでなんとかならないものかと考えていました。

iPhoneなので1時〜21時までの間はソフトバンク同士は無料になるのですが、私の場合は残念ながらその恩恵に与ることがあまりなく、無料通話の時間帯は携帯電話に通話するよりも固定電話に電話する機会の方が多くて、基本料金に無料通話がついていないこのプランでは以前、使用していたau携帯よりもずいぶんと通話料金が高くなってしまいました。

前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。
iPhoneの通話料を0円にするには、

1.通話をしない
2.ソフトバンク同士は無料のみを利用する
3.別の通話手段を用意する

簡単に言うと上記の3つが該当するかと思いますが、ちょっと待った。
1.通話をしない←これでは本末転倒。

よって、
2.ソフトバンク同士は無料のみを利用する
3.別の通話手段を用意する

この2つを組み合わせて月の通話コストを下げることに挑戦。

直近3ヶ月の通話料金の平均金額が約3,000円。
1分間にかかる通話料金が42円なのでおよそ71分通話している計算です。
さらに通話先の内訳を見てみると、ケータイ電話への通話が約6割の42分。
固定電話への通話が29分となっています。

仮にこの71分を「もしもしDoccica」を使って通話した場合、いくらになるのか?
たとえばすべて家のWiFiを使ってかけた場合は、ケータイ電話への通話料が630円。
固定電話への通話料が150円。合計780円となり、その差額が2220円になります。
この差は大きいですよね!

もちろん全部の電話を家からかけることは不可能なので家にいるときは「もしもしDoccica」で、ソフトバンク同士が無料のときはiPhoneでというようにしてから、1ヶ月が経過したので結果を見てみます。

結果は、iPhoneからの通話は無料通話分を除くと43分となり、約3,000円→約1,800円。
「もしもしDoccica」の通話料金は320円だったので
トータルコストで880円の節約ができました。
通話料0円にはほど遠いですがこれからもチャレンジしていきます。


1

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

外部リンク

ブログ内検索

sponsored links

携帯で見る

qrcode