スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.06 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

停電時でも重要な連絡先とつながる「停電通信」のPR動画「トラブルは突然やってくる」

みなさま、こんにちは
先月末の怒濤の製品ラッシュはいかがでしたでしょうか。

誇張はまったくなく全社員一丸となってお送りした商品達ですので
みなさまに喜んで貰えれば幸いです。

発表した製品の中のひとつに、とっても毛色の変わったものがあります。


b-mobile4G 停電通信
http://www.bmobile.ne.jp/4gfl/index.html


Twitter等の反応を見ても「ん??」もしくは「はぁ??」というものが多かったのですが
そんなみなさまにこそぜひこの紹介ムービーをご覧いただきたい!


b-mobile4G 停電通信 紹介ビデオ
 


みなさまが節電努力を行っているこの夏だからこそ
この動画のようなシーンは割と多くあるかも、ですよ。


・ 維持費が安い (通信費は月換算400円)
・ LTE対応の高機能USB4Gアダプターとセット


停電通信は、本当にあって良かったと思ってもらえる製品ですので
緊急時に重要な連絡先とつながる安心感を、この夏の節電対策のひとつにいかがでしょうか。

「備えあれば憂いなし」「転ばぬ先の杖」「持ってて良かった停電通信」

あの二人が帰ってきました


1年前、日本通信では新入社員によるビデオコンテストがありました。

優勝作品の「テザリングとは?」をYoutubeにアップして、このブログで紹介した所
まったくの予想外だったのですがニュースサイト等々でご紹介いただきまして。

おかげ様で多くの皆様にご視聴いただき、
そして多くの方々に「ダウジングだろ」とツッコミをいただきました。

その時のブログ記事はこちらです。
http://b-mobile.jugem.jp/?cid=15

さて、
今年は例年より多くの新規卒業者が日本通信のファミリーになってくれました。

そこで今年もビデオコンテストを行いたかったのですが、
今年の新入社員は「全社員でのダイヤモンドゲーム大会」を企画運営する事になり
ビデオコンテストは残念ながら開催されませんでした。

ただ社内にはビデオコンテストのファンも根強くおりまして、
今年の新入社員の中から希望者を募って、ビデオ作品を作ってもらいました。

そして、今回も出演はあの二人です。

日本通信 新入社員作「カメレオンSIMのご紹介」




ビデオ作成した新入社員をインタビューした所、
「精一杯がんばりました」と爽やかな一言をいただきました。

また出演者(右側)からは「今回はマジメですが、次回作にご期待ください」
出演者(左側)からは「これからも楽しい作品を作りたいです」

このように次回作に向けたコメントが出ていますので、
皆様、ぜひ次回作にご期待ください。

好評!ありがとうございます。b-mobile4G Amazon.co.jp限定販売(AmazonSIM)

みなさま、こんにちは

まずは、ブログの更新がほぼ放置状態でありました事をお詫びいたします。

日本通信の会社概要Webサイト(http://www.j-com.co.jp/index.html)にて
最新の決算説明会のビデオをご覧いただいている方はご存じかもしれませんが、
最近、日本通信は新しい勤務形態(クルーシステム)で働いております。

このシステムによって、社員全員が会社にとって必要な業務を
必要なタイミングで実行できるようになりました。

そのお陰で昨年のイオン様に続いて、ヨドバシカメラ様、NTT東日本様、NTT西日本様と
続けて大きなパートナー様とお仕事ができているのですが、
その分、このブログコーナーの更新頻度が下がってしまいました。

これからはまた定期的にブログ更新ができればと考えておりますので、
改めてよろしくお願いいたします。

...逆に更新が少ない時には「何か新しい事があるかも?」と
ワクワクしてもらっても良いかもしれませんね。


さて、今日本通信でもっとも注目を集めている商品と言えば
先日発表いたしました「b-mobile4G Amazon.co.jp限定販売」です。


クリックで挿入


Twitter等でこの商品の反応を拝見させていただくと、
すでにb-mobile(特にFairや1GB定額)を使われているお客様と、それ以外の皆様とで
ずいぶんと反応が違う、という印象です。

Fairや1GB定額をすでにご利用されているお客様の場合、
ひと月にご自身が使われるデータ量をだいたい分かっているので、
お得になるか、そうでないかを判断いただけるみたいですね。

iPhoneをご利用されている方なら、設定>使用状況>モバイルデータ通信の使用状況を開き、
「統計情報のリセット」をして1週間くらい使っていただくと、
月にだいたいどのくらいのデータ量を使われるか想像できると思うので、

「外出時はホームページを見たり、Twitterみたり、LINEのメッセンジャーくらいだな」って方は、
ぜひ、ご自身のデータ量を確認してみてください。
もしかしたら、月々の通信料金をお得にできるかもしれません。

ここでいくつか、ヘルプデスク等にいただいているご質問をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------------------
Q、どんな端末が利用できますか?

A、利用可能な端末は動作確認端末一覧に掲載しています。

  動作確認端末一覧
----------------------------------------------------------------------------------
Q、iPad Wi-Fi + Cellular(新しいiPad)でLTEで使えますか?

A、残念ながら使えません。
   今後使えるようになる事があれば、動作確認端末一覧に掲載します。
----------------------------------------------------------------------------------
Q、3150円で500MBが使えるんですか?

A、いいえ。3150円はAmazon.co.jpでb-mobile4G Amazon.co.jp限定販売を
     購入いただく金額です。
   購入後、開通日より毎月1980円の月額料金が発生します。
----------------------------------------------------------------------------------
Q、データ通信を使わない月は月額料金が発生しない?

A、いいえ。毎月1980円が発生します。
----------------------------------------------------------------------------------
等です。

その他、比較的多いのが「500MBを30日間で使う商品」と勘違いされ
”最初の30日過ぎた以降、60日以内にチャージすればいいですか?”という質問がございます。
この商品は有効期限がある商品ではなく、毎月一定の料金(最低1980円)を頂戴する商品ですので、よろしくお願いします。


本日は比較的多くいただくご質問についてご紹介いたしました。
最後にもうひとつご紹介。

b-mobile4G Amazon.co.jp限定販売を販売以降、実はヨドバシカメラ様で販売している
基本料0円SIMも人気をいただいているんです。

基本料0円SIM

b-mobile4G Amazon.co.jp限定販売のニュースで基本料0円SIMを知ったという方もいると思います。
基本料0円SIMはデータ通信を使わない月は月額料が発生しない商品なんです。
データ通信を使う場合、100MBまでは従量課金(1MBあたり37.8円)となり101MB〜1GBなら月額3780円。

SIMフリーiPad WiFi+3Gを数ヶ月に1回、外出時に利用したいというニーズにはピッタリな商品なのです。

ご自身のニーズに最適かつお得な通信を選択してくださいね。

2011年 モバイル業界10大ニュース!(日本通信調べ)

今年も残すところ1日となりました。
タイガーマスクからはじまり、3.11の大震災を経て、いろいろ起こった1年でした。
みなさまはいかがでしたでしょうか?

本日のお題はこの時期恒例の10大ニュース。
さっそくまとめていきたいと思います。

こんな大ニュース、がランクインしてない!
とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、、
そのときはtwitter(@bmobile_jci)までツッコミをお願いいたします m(_ _)m
(※あまり精細に調査していないので、、間違いがある場合があります。。
どうかご容赦を。。)

それでは10位から発表して参ります!

10位!クロームOS搭載「クロームブック」発売(6月)
全てのアプリケーションをwebで提供し、ネット接続を前提にデータもアプリもクラウド側にもつという発想ですね。ただ、日本ではまだ正式には発売していません。
教育機関にも納入されるというその実力はまだ未知数です。
シンクライアントのコンセプトの最終的な行き先はクロームブックが肩代わりするのでしょうか。

9位!amazonキンドルfire発表(11月)
ネット販売大手のamazonも自社の電子書籍リーダーを大幅にバージョンアップさせてアメリカで販売を開始しました。今回も衝撃的なプライスで販売開始したためか、今でも品薄状態が続いているそうです。eインクで長時間持つタイプのものもいいですが、やっぱりカラーでいろいろ楽しみたいですね。199ドルですのでいまのレートですと約15000円ですか。。安いですね。日本には出版業界がなかなか渋っているみたいですので、販売は先のことになるのでしょうか。そういえばガラパゴスという端末は・・(略

8位!日本通信 b-mobile Fair 発売(4/15)
自社コンテンツでスミマセン。。(宣伝です。)
プリペイドで1GB使えるフェアな通信を提供いたしました。
一部のユーザーが大量の通信を行い回線帯域の多くを使用し、他のユーザーがその分を負担するという今までの現状に風穴をあけるべく、文字通りフェアな通信を提供する商品。ひと月あたり250MB程度のご利用であれば月換算2,087円(追加チャージの場合)で高速で高品質な通信が手に入ります。月に250MBといっても、動画等の大容量通信を使わないのであれば全然問題ないですよ。自分で言うのもなんですが、とっても快適です。もちろん、iPhoneやiPadで使えるmicroSIMや音声通話のできるtalking版もありますので、是非一度手にしてみてください。(解約金などもございません。)

7位!KDDIが世界初のWindows Phone 7.5搭載スマホ「Windows Phone IS12T」を発売(8/25)
日本初であり、バージョン7.5「Mango」としては世界初!の Windows Phone 7.5搭載スマホ「Windows Phone IS12T」 がKDDI発売となり、ようやく日本でも Windows Phone が、と思ったのもずいぶん昔のように感じられるようになりました。まだ日本ではこれだけなんですねWindows Phone。スマートフォンの中ではマイナーな存在ですが、他機種も発売されることを祈らずにいられません。こんなオシャレで斬新なインターフェイスを埋もれさせてしまうのは惜しいですもんね。

6位!Xiスマホ発売など、本格立ち上げ 
NTTドコモの次世代通信サービス「Xi」(クロッシィ)に対応したスマートフォンやタブレットが続々と発売になりました。対応端末が増えたこともさることながら、新たに新設されたドコモ同士の国内通話が24時間無料の「Xiトーク24」の通話プランが使えることもあり、Xiにプラン変更される方がとても多いようですね。サービスエリアはまだまだですが、間違いなくこれからの主流となるだけにかなり気がかりな存在です。LTEという3.9世代の通信規格で、データ通信に主目的に設計されているだけに、低遅延のデータ通信は魅力的です。
弊社でも、Xi対応SIMを提供する予定で日夜がんばっております。

5位!PlayStation vita発売(発売は12/17・発表は6/7)
いろんな意味で話題となった「PlayStation Vita」。まだ発売間もないため本領発揮とはいきませんが、期待の最新ゲーム機であることは確かです。注目はWiFi通信に加え3G通信が可能という、いつでもどこでもGAME&NET端末。スマートフォンとは一味違った切り口のモバイル端末よいっても良いでしょう。皆さん気になるb-mobile SIMでのご利用もいただけるとの報告を受けていますので、リーズナブルな通信環境を整えることもできますよね。個人的には「真かまいたちの夜11人目の訪問者」が気になります。

4位!4月1日 SIMロック解除実施
もう忘れてしまった方もいるかもしれませんが、今年は日本のSIMロック解除元年なんですよね。SIMロックを解除することにより、ユーザが好みの通信会社のSIMカードを利用できるので弊社としても大歓迎。NTTドコモやイーモバイルなどは全機種で最初からロックがかかっていないか、SIMロックを解除してもらうことが可能になっています。まだまだ消極的な通信事業者もありますが、志高く寛容に対応していただけることを祈らずにいられません。最終的に各メーカーが魅力的なSIMフリー端末を携帯ショップではなく電気屋さんに並べられるようになるのが理想なんですけどね。

3位!日本通信 イオンSIM発売(6月10日)
またまた手前味噌でスミマセン。
このブログをご覧頂いている皆様なら知らない方はいらっしゃらないかとおもいますが、発売以来大変ご好評頂いているイオンSIM。980円という衝撃的な価格を引っさげ、12月10日からは音声通話付パッケージも発売し日に日に進化を遂げています。実際にお使いの方も多いのではないでしょうか。最高100kbpsというのは確かに速くはないですが、メールやテキストメインのwebサービスなら十分お使いいただけます。実際私も使っております。また、もっと速いのをという方にもプランをご用意しておりますので、ご自身に合ったサービスをお使いいただけます。月単位でのプラン変更もできますよ。
以上、弊社宣伝広告でした。

2位!アップル iPad 2発売開始&タブレット元年
アップルから新型のiPad2が発売され、また様々なメーカーからよく似たデザインのタブレットがまさしく百花繚乱のごとく、発売され市場を賑わせました。
弊社の3G対応低価格タブレットLiteTabも今年です。
ソニーやモトローラやサムソン、台湾・中国・国産とメーカーもしのぎを削っています。
WiFiのみや、WiFi+3Gのタイプもあり、消費者を悩ませてくれますね。
しばらくはiPad VS 他のメーカーのタブレットという構造が続くかと思いますが、このタブレットの業界を制するのはどこになるでしょう。

1位!iPhone4S発売開始、iOS5リリース!そして、、
iPhone4の後継機、iPhone5もまことしやかに噂されていましたが
iPhone4そっくりのiPhone4Sがリリースされました。
見た目はほぼ同じですが、着実な改良を重ね、今手に入るモバイル端末では
最高のエクスペリエンスが得られるものとなり、不動の地位を得ています。
auからも販売が開始され、ユーザーの数はさらに広がっています。
また、その発表を見届けるようにアップルの創業者
スティーブ・ジョブズが天国へと旅立ってしまいました。
すばらしいスピリッツや考え方はその意匠を通じて、全世界のユーザーに深く共感されたでしょう。

2011年はモバイル業界においても、弊社においても大きな激動の年でした。
大震災の時でも、モバイルIPフォンが携帯のつながらない被災地で活躍してくれたことも印象深い出来事でした。
今年起こったことは私たち日本通信にも大きく関わるニュースが多く、また、弊社も飛躍的に知名度が上がった年だと実感しております。

2012年も飛龍のように飛翔しますので、来年も日本通信をどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
それではみなさま。よいお年を!

みんな知りたい! イオン専用音声通話付パッケージ よくある質問BEST5!

こんにちは、皆既月食はみなさまご覧になられたでしょうか。寒空のもと、お風邪などは召してないでしょうか?

先日12月10日より、大変ご好評をいただいておりますイオン専用SIMに新しいラインナップ「イオン専用音声通話付パッケージ」が追加となりました。

かねてよりご要望の多かった音声通話が、イオンのSIMで可能になるという夢のようなSIMです。これで2台持ちから解放されますね。

音声通話3プランS・M・L(090または080の電話番号付き)と、データ通信3プランA・B・Cを自由に組み合わせて、自分のライフスタイルにピッタリの プランが組めます。音声通話+データ通信(使い放題)で2,270円からご用意しています。もちろん電話番号宛に送れるSMSも使えますよ!

ここでは、Twitterで多かった質問をまとめてみました。みなさまさん疑問に思っていることは多いですよね!

第5位
Q. 無料通話分の適用範囲は?
A. 無料通話分は国内通話の他、国際電話による通話、国際ローミングによる通話、SMS通信(国際含む)に適用されます。なお、国際電話、国際ローミングは別途お申込み(基本料無料)が必要です。ローミングは、もちろんNTTドコモのエリアに準じています。

第4位
Q. 無料通話分の繰越はできますか?
A. 残念ながら、無料通話分の繰越はできません。

第3位
Q. 音声通話付パッケージ解約時に解約金はかかりますか?
A.  音声通話付パッケージでは、ご利用から1年未満のご解約の場合、解約金として10,500円が必要となります。だだし、いわゆる1年縛りとは違い1年間 毎のご契約ではなく、1年経過すればその後いつご解約いただいても解約金は発生しません。1年以降であれば解約金のかからない月を意識する必要はありませ んよ。

第2位
Q. MNP(モバイルナンバーポータビリティ)での契約はできますか?
A.  はい、MNPによる契約ができます。今までお使いの携帯電話番号をそのままに、リーズナブルなイオン専用音声通話付パッケージに乗り換えることが可能で す。現在お使いの携帯電話会社よりMNP予約番号の発行をお願いします。注意事項として、MNPによるご契約の場合、お申込み当日、イオン店舗にてSIM を受け取る事はできません。商品は郵送にてご自宅へお届けいたします。正午までにお手続きが完了の場合当日発送、正午以降の場合は翌日発送となります。ま た、お申込みのお手続き完了後、お届けまでの間はデータ通信・音声通話共にお使いいただけません。ご注意ください。

第1位
Q. 今、イオンのデータ通信専用SIMを使っています。音声通話プランを追加できますか?また、音声通話付パッケージからデータ通信サービスのみに変更できますか?
A.  残念ながら、2011年12月の時点でお使いになられている従来のデータ通信専用SIMに音声通話サービスを追加することはできません。現在のイオン専 用データ通信SIMをご解約いただき、あらためて音声通話付パッケージをご契約いただく必要がございます。また、音声通話付パッケージは、データ通信と セットの契約となりますので、データ通信のみのサービスに変更することはできません。こちらの場合も再契約が必要となります。多くの方が期待されてたよう で、本当にごめんなさい。


いかがでしょうか?

まだまだ、ご要望に添えないところがあるのも確かですが、音声通話を待ち望んでいた方には大変気になるサービスではないでしょうか。上記以外にも疑問点があ りましたら音声通話付パッケージFAQ(http://www.bmobile.ne.jp/aeon/faq_talk.html)もご覧ください。

データ通信プランA980円+音声通話プランSを組み合わせて、2,270円でフル機能のスマートフォンを使ってみるもよし、たくさん通話するけどデータ通信はたまにメール程度という方にはデータ通信プランA980円+音声通話プランL=4,655円という選択もあり。

自分に合ったプランをチョイスして、あなたの自分流モバイルを作ってみる時代ですね。


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

外部リンク

ブログ内検索

sponsored links

携帯で見る

qrcode